HOME>イチオシ情報>中古でもマンションでもない新しい住宅が人気

将来性まで考えられている

家族

借家居住者が多い中、寝屋川では新築一戸建てを購入する率が高いようです。それは、土地が財産となり、床面積の広い新築一戸建てが購入できる点で、空き家対策として土地付きでも売却されています。特に寝屋川は、海外からの移住者の受け入れ体制も整っている中核市、持家の平均床面積が広ければ広いだけ、体格もスケールも大きい外国人からは評価されていて、需要増となっています。中古住宅でなく新築、しかもマンションではなく一戸建てを選ぶ理由は、住宅の質が高まっているからです。今や200年住宅というように、大規模なリフォームやリノベーションさえ不要にするほどです。将来の変化を予測して建てられたのが今の新築の特徴、ライフスタイルの変化にしっかり準備はできています。

自己資金をどれだけ工面できるか

家族

寝屋川の土地価格の平均値は坪当たり40万円で、新築一戸建ての費用は土地付き・無しにより差の開きがあります。土地付きであれば、1000万円でも手に入れることは可能で、ロハス住宅が一例です。また、注文住宅で一戸建てを建てるのか、分譲住宅を購入するのか、この違いも費用に差を出します。住宅を購入した世帯の年収の平均を見る限り、注文住宅と分譲住宅との差はほとんどなく700万円台です。借入金を見れば2400万円と、こちらも差はありませんが、自己資金は注文住宅ならば2000万円、分譲住宅ならば1000万円というように差がありますが、これは注文住宅に関しては建築費に土地購入費が加わるからです。

工法次第で費用を抑える

住宅模型

施主の大まかな希望や予算を聞いてくれるのは、新築一戸建てを建てたい注文住宅のウリです。ですが、工事の内容や利用する資材について、得手・不得手がありますから、要望をどれだけ生かせるのか、注文住宅メーカーの腕の見せ所でもあるでしょう。また、寝屋川の工務店とハウスメーカーの選び方や工法によっては、価格を抑えることも可能です。完成度が高い在来工法、大量生産された部材を使うプレハブ工法、工期を短縮できるツーバイフォー工法などの選択次第で、費用を抑えられます。どの工法も日々進歩していて、不安要素はありません。

広告募集中